本当に良い歯医者はココを見抜く!そのポイントとは?

>

良い歯医者はココが違う?

口腔内の写真を撮るのは良い歯医者?

カウンセリング時にとにかく多くの写真やデータを撮る歯医者は良い歯医者でしょうか?答えはイエスです。歯医者で写真を含むデータを取るのは、様々な角度から患者の口腔内を分析しそれにあった治療計画を立てる為です。

レントゲンだけでは無く近年では特殊な機材を使って3D化する、または動画にして患者を共有して治療に対する意識を高める歯医者もあります。レントゲンは点数が高くなるので、費用が高額になってしまうので良くない歯医者と決め付けるのはNGです。長い目で見ればピンポイントで治療計画を立てられるので、短期間で治療を終えられます。

レントゲンや写真などのデータを取りつつ治療計画に活かしてくれる歯医者は、優良歯医者だといっても良いでしょう。

出来ない事をしっかりと断る

いくら有名であり有能な歯医者であっても出来ない事があります。時には患者が無理難題を言って、歯科医師を疲弊させる事もあるでしょう。

良いと言われている歯医者こそ、無理な事をしっかりと断ります。その上で代替案があるか、更には別の治療計画へシフトすべく説明出来る歯医者だと尚良いです。断るというのは商売上、とても難しいので如何にうまく断ってくれるのかをチェックすると良いです。

また断れるというのは、自身が提供する技術を把握しているという意味合いにも捉えられます。人間関係と同じで何に対してもイエスマンは信用できませんし、膨れ上がった期待を潰してしまう事も良くありません。これらを踏まえて歯医者選びをすると良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る