本当に良い歯医者はココを見抜く!そのポイントとは?

>

歯医者と人類の深い歴史

とにかく抜歯・削るのはNG?

永久歯は削る、または抜くと元には戻りません。近年再生治療で永久歯の修復を試みていますが、まだ完全ではなく今後も多くの問題を残しています。だからこそ歯医者はむやみに永久歯を削る、抜く事はありません。

しかし抜歯や神経の治療・削る治療に関しては点数が大きく利益になりやすいので、質の良くない歯医者に限ってこれらの治療を多く提案する傾向にあります。ですが素人では本当に抜歯や神経の処置が必要なのか判断がつきません。その為セカンドオピニオンを利用して、治療計画に問題が無いかを確認すると良いです。

少しでも違和感を覚えたのであれば、無理に通院へず周りへ意見を求める事も大切です。ネットの書き込みについては鵜呑みにせずに半信半疑程度で留めておきましょう。

患者との連携が大切

歯医者にマイナスイメージがある方のほとんどが「抜歯や神経を抜く処置に痛みがあった。」「急に麻酔をかけられて驚いた。」という意見を持っています。自分の身体の一部に処置をするので、事前に何をすると説明がなければなりません。

質の良くない歯医者の多くはこれらを患者へ伝える事なく、勝手に治療計画を進めてしまうのです。連携の取れていない治療計画は患者に不信感を与え、途中挫折につながりかねません。

カウンセリングだけでは無く、こちらから不明点や質問を投げかけてみてそれに対してどう返答するかで歯医者の良し悪しが決まります。こちらの質問に対して曖昧ににごす、または耳あたりの良い言葉しか並べない歯医者は注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る